おうちモンテ / 100均で教具をハンドメイド / 輪ゴムのパターンボード作り方

モンテッソーリ

こんにちは、SORAママです。つい先日より、おうちモンテをはじめました。

モンテッソーリってなに?という方は最初に下記の記事を読んでいただけると嬉しいです。↓

モンテッソーリ教育はじめます /簡単に説明します

教具を作るために100均で材料をそろえてきました♡高いおもちゃを買うわけでもなく、100均のもので知育おもちゃが作ることができるのはとても魅力的ですね!

この記事では【輪ゴムのパターンボード】の教具の作り方と遊び方を紹介させていただきます。

YouTubeにもアップロードしているので、併せてチェックしてくださると嬉しいです。


輪ゴムのパターンボードとは?

輪ゴムのパターンボードとは、輪ゴムを小さい突起の部分にひっかけて、輪ゴムで形作りするボードのことです。

どんな効果があるの?

パターンボードによって期待される効果は、手指巧緻性、どれぐらい引っ張ると輪ゴムがかけられるのかという調節力、ねじる力、創造力が得られます。

材料

  • 有孔ボード(DAISO、セリアにて販売確認済みです)約A4サイズ
  • 木ダボ(店舗にて有孔ボードの近くに置かれています)穴の数分購入がおすすめです。
  • ボンド
  • 輪ゴム(おうちにあるものでも良いですがDAISOのカラー輪ゴムがおすすめです)

上記の材料は全て100均で揃います!

作り方

有孔ボードの穴に木ダボを差し込みます。

四隅を最初に差し込むと他の箇所に入れやすいです。

差し込む際にボンドを木ダボの真ん中に付けると固定されていいです。

難易度を低めにつくりたい場合は木ダボの数を減らすといいです。

今回SORAママはすべての穴に木ダボを差し込みました。

ボンドをしっかり乾かして完成です!!

大人がやってもワクワクして楽しく感じました♡

丸、三角、四角、長方形、ひし形など、どんな形も工夫次第で輪ゴムで作ることができます。

輪ゴムでも難しそうでしたら、平ゴムからスタートしてみるのもいいかもしれません。

SORAも遊んでみたよ!

1歳7ヶ月のSORAもさっそく手作りしたパターンボードで遊んでみました!

まずは輪ゴムとお友達に。引っ張ると伸びるね〜

SORAママの髪ゴムをよく触って遊んでいるので伸び縮みすることの理解はあるようでした。

数回お手本をやってみせると、すぐにやり方がわかったようで、輪ゴムを伸ばして木ダボにひっかけることができました。

輪ゴムをはずした時に、パチンと指に当たってしまって「いた」と。無理に引っ張ると痛いということを学びました。

1歳7ヶ月のSORAには木ダボの隙間が小さいため難易度が少し高かったようです。

時にはSORAママにやって!と輪ゴムを渡す場面もありました。

集中して飽きるまで遊んでくれました。

おわりに

1000円以内の材料で素敵な教具を作ることができました。(モンテッソーリ教育では遊具ではなく教具といいます)

1歳半から長くて5歳くらいまで遊べるパターンボード。

とても簡単にできるので、おうちモンテの入門編として作ってみてはいかがでしょうか?

SORAママ

タイトルとURLをコピーしました