デジタル箱根フリーパス利用 / 子連れ箱根旅行に行ってきた

お出かけ

こんにちは、SORAママです。

ご縁がありBratt様よりBrattアプリリリースとのことで動画投稿アンバサダーとしてデジタル箱根フリーパスのペアチケットをいただいたので、1泊2日の箱根旅行に行ってきました。

デジタル箱根フリーパスとは?

デジタル箱根フリーパスとは、「EMot」のチケットストアで販売する電子チケットのことです。

既存の「箱根フリーパス」と同様に「発駅~小田原駅の小田急線往復きっぷ」 「箱根エリアの8つの乗り物が乗り降り自由」「箱根山内の温泉や観光施設など約70スポット での優待・割引」がセットになったお得なチケットです。

スマートフォン画面を窓口等で提示することでスムーズに現地での観光を楽しむことができます。さらに、箱根山内の割引優待施設をプロットしたマップを見ることができ、手軽にスポットのホームページへ遷移することができるなど、観光施設巡りにも役立ちます。

乗り降り自由な乗り物

箱根登山電車
全線
箱根登山ケーブルカー
全線
箱根ロープウェイ
全線
箱根海賊船
全航路
箱根登山バス
箱根地区全線(定期観光バス除く)
小田急箱根高速バス
小田急山のホテル~東名御殿場間
東海バス
元箱根港~三島駅~沼津駅

料金

  • 小田急乗車券付きのチケットもあり、出発駅によって価格が変動します。

※特急ロマンスカーは別途料金が必要

※新宿発の箱根フリーパスをお持ちの方なら、小田急箱根高速バスの新宿~東名御殿場間(通常おとな片道1,610円)が1,000円で利用可能

購入方法

EMotアプリ内のチケットストア画面にて、発駅や利用日等を選択し、クレ ジットカードで決済することができます。

使い方

  1. EMotのチケットストアからデジタル箱根フリーパスのチケットを購入する
  2. 利用を開始する際に、EMotのマイチケットにあるデジタル箱根フリーパスの「使う」を選択し、チケットを有効化にする
  3. 乗り降りする際には、「使う」を押して表示されたアニメーション画面を、有人改札口の駅係員やバスのドライバーに提示
  4. 帰りの小田急線の駅(小田原駅除く)を出場する時には、「詳細」から「チケットの利用を終了して出場する」を選択し、有人改札口で駅係員に静止画を提示
    ボタンを押すと、利用終了となり、新しく乗り物に乗車することはできなくなります

箱根フリーパスを使った子連れ旅行レポ

2日間利用可能のデジタル箱根フリーパスだったのですが、かなりお得に旅行をすることができました。

今回は新宿駅⇄小田原駅の小田急、箱根ロープウェイ、箱根ケーブルカー、海賊船、箱根登山バスの交通機関を使用して箱根を巡りました。

初日は、箱根フリーパスを使用して新宿→小田原駅まで小田急線乗車。(本来かかる金額1人1518円)

小田原駅から彫刻の森美術館へ箱根観光バス(所要時間40分)にて向かいました。(本来かかる金額1人850円)

彫刻の森美術館

彫刻の森美術館では1人200円の割引が適用されました。

↓箱根フリーパスにて↓

一般 1,600円→1,400円(200円割引)
大学生・高校生 1,200円→1,100円(100円割引)
中学生・小学生 800円→700円(100円割引)

彫刻の森美術館の広さに驚きました。

屋外エリアは坂は多いですが段差はなくベビーカーで回ることができます。

フォトスポットでもある目玉焼きのオブジェです。電車とバスの旅でちょっと小腹がすいたSORAちゃんおうちで作って保冷バックで持ってきていたおにぎりを食べました。

木陰になっておりちょうどいい気温のもとで小腹を満たせました。

たくさんの彫刻をみてアートを親子で感じました。SORAにはなにに見える?など質問をしました。

この彫刻では「Babyいるね〜」と言っていました。子供視点、大人視点、人の視点みんな違って面白いですよね。アートって人の感じ方それぞれで正解がないからまたおもしろい。

2歳児でもすごく楽しめるスポットがありました。外観からインパクトのある体験型アート作品のネットの森です。

大断面集成材を積み上げた木造ドームの中に、カラフルな手編みのネットがいくつもつなぎ合わされた巨大なハンモックの造形が組みこまれています。

作品の中に入って登ったり、跳ねたり、ボール部分に乗ってみたりしながら、色彩感覚と造形感覚をからだ全体で感じることができる体験型アート作品として、子どもたちに人気のあるスポットです。

※ネットの中に入って体験できるのは12歳までです。白いフロアには大人も入ることができます。

SORAちゃんはこのぶら下がっている球体をエイっと動かして遊んでいました。5歳くらいのお子さんは球体に座るように乗ってゆらゆらと遊んでいました。

ゴムのクッションみたいな白いフロアで走り回って転んでも全く痛くありません。

秋、冬は空調も効かないすかすかな建物なので寒いかもしれません。春、夏は涼しくてちょうどいい感じです。

3日前の急遽宿泊予約のためなかなか宿が空いていなかったのですが、何とか見つけた芦ノ湖が目の前にある民宿 大場を素泊まりプランで利用させていただきました。

mapを見てわかる通り芦ノ湖がすぐ目の前に広がっています。

お部屋は8畳でテレビ、テーブル、エアコンがあり、お手洗い、お風呂場は共有スペースにあります。女湯、男湯と別れて2つありますが、女湯で家族で入って鍵をかけて利用しても構いませんよ、と言ってもらえて2歳の子連れだったのでとても助かりました。

ちょっと耳が遠くて温厚な可愛いお婆様が女将さんとしてお一人?でやられているようで、事前に確認した楽天トラベルの口コミ通り気持ちよく利用することができました。

芦ノ湖が目の前にあり、近くにコンビニ、すぐ隣にイタリアンレストラン、10m先にアルファロメオレストラン・蕎麦屋さんなどがあり、食事には困らない立地でした。

素泊まりプランのため夕食、朝食は外食をしました。夕食は作ってきていたお弁当を芦ノ湖を眺めながら食べました。たまにはこういうのもいいね!

【民宿 大場】にチェックインをして、徒歩圏内の箱根神社までお散歩へ行きました。

海にある鳥居と夜景に感動しました。都会ではあまり星空を眺める機会も少ないです。箱根の星空とても美しかったです。海の鳥居は明るい時間に来た方が絶対いいです(笑)すごく映えます。下調べ不足でした( ; ; )

箱根旅行2日目の朝食はすぐ近くにある外車アルファロメオのレストラン【ラ・テラッツァ 芦ノ湖】にてモーニングを利用しました。ディナー以外は予約なしでお食事できます。

■営業時間
平 日    10:30~20:00(ラストオーダー 19:30)
土・日・祝    9:00~20:00(ラストオーダー 19:30)
■平日
モーニングタイム 10:30~11:00
ランチタイム   11:00~15:30
カフェタイム   15:30~17:00
ディナータイム  17:00~20:00
■土・日・祝
モーニングタイム   9:00~11:00
ランチタイム   11:00~15:30
カフェタイム   15:30~17:00
ディナータイム  17:00~20:00

パニーニと冷製スープを2つずつ注文しSORAにわけて3人でいただきました。計4000円くらい?のちょっと豪華なモーニングでした!

味は確かでとても美味しかったです!SORAも満足したようでGood!

お腹が満たされ、すぐ目の前の芦ノ湖の海賊船乗り場へ向かいました。

朝一の便が10:10で30分前にチケット売り場に到着し、一番乗りでした。海賊船は箱根フリーパス乗り放題に含まれているため1050円分が0円で乗ることができます。せっかくなので特別船室にしようと大人1人400円 計800円の追加料金を支払いました。

特別船室利用の方が先に案内をされます。ベビーカーのまま入船可能です。船の入り口付近にベビーカー置き場や大きな荷物置き場があり、そこに置き海賊船を1階から上まで楽しみました。

特別船室は進行方向の前半分部分でした。紅葉の時期はもっといい景色なのかな?とSORAパパと話していました。

SORAははじめてのお船が嬉しかったようで旅行から帰ってきてからも絵本やテレビ映像でお船が出るたび、「パパとママとお船のったね〜。」と話しています♡

目的地の桃源台に到着し下船しました。

桃源台より箱根ロープウェイで大涌谷に向かいます。箱根ロープウェイも箱根フリーパスで乗り放題です。(本来かかる金額1人1180円)

SORAちゃんはじめてのロープウェイにドキドキの様子。コロナの影響で混雑しないように乗るためベビーカーのまま乗車可能でした。

約20分ほどで大涌谷へ着きました。

大涌谷くろたまご館

営業時間

くろたまSHOP 9:00〜16:30

黒たまごの販売 9:00〜16:00

※黒たまごは売切れの場合もあります。

さっそくくろたまごを購入してすぐ隣にある休憩所でいただきました。

くろたまごは1袋5個入りで500円で購入することができます。お塩も1袋袋に入っています。バラ売りはしていません。

殻をパパにむいてもらいSORAちゃんも初くろたまごです。購入したては熱々なので少し冷まさないと猫舌さんはきついかも。

美味しい!とSORAちゃん。いつものゆでたまごより格段に美味しいくろたまご讀でした。

くろたまごは1個食べると寿命が7年伸びると言われています。家族みんなで分けっこして食べて寿命が伸びました(^○^)

大涌谷くろたまご館のくろたまごオブジェとハイチーズ!反対側から撮影すると山の風景も一緒に撮れて綺麗です。

大涌谷の景色を楽しんだ後は次の目的地へ。箱根ロープウェイにて大涌谷駅→早雲山駅、箱根登山ケーブルカーに乗り換えて早雲山駅→公園上駅へ(本来かかる金額1170円)

箱根登山ケーブルカーは混雑していました。立って乗っている方もちらほら。

公園上駅で降り、箱根美術館・強羅公園→箱根ガラスの森までバスに乗りました。

箱根ガラスの森美術館

箱根ガラスの森美術館は緑豊かな箱根仙石原にある日本初のヴェネチアン・グラス専門の美術館です。

開館時間は午前10時から午後5時30分(入館は5時迄)

チケットの金額

※箱根フリーパスで入館料金100円引きとなります。

ベビーカーでは周れない

箱根ガラスの森美術館は屋外エリアと屋内エリアがあります。屋外エリアに低い階段、段差がありスロープもないためベビーカーや車椅子での移動は厳しいです。ベビーカーはチケット売り場付近に置かせてもらいました。

ランチは午前中に記名予約した方がいい

お昼頃に到着しましたが、週末だったこともありレストラン受付(店前にあるボードに記名する)も混雑しており2.3時間待ちとのことで諦めました。

メニューにも惹かれていたので残念でした。

ローストビーフのサンドイッチが食べてみたかった。。。

ランチをここで食べたい方は、ガラスの森美術館へ午前に行って様子を早めに記名しておくのがおすすめです!

SORAちゃんはお腹すいたと言うので非常食用で持ってきていたオーガニックベビーフードのBaby Orgenteを食べました。

ひゃ〜と目を輝かせて美味しそうに食べてくれました♡

ベンチがところどころにあり、芦ノ湖の花火大会をテーマに制作されたクリスタルオブジェのクリスタル・ガラスの水上花火を見ながら休憩することができます。

映え映えフォトスポット

クリスタル・ガラスのアーチ「光の回廊」とても素敵でした。

庭園からヴェネチアン・グラス美術館エントランスへ続く橋にかけられた高さ約9メートル、全長10mのクリスタル・ガラスのアーチです。約16万粒のクリスタル・ガラスが使用されており昼間でも綺麗に輝いていました。

クリスタル・ガラスの水上花火もとても綺麗です。

48000粒のクリスタル・ガラスで花火を表現しています。

↑箱根、仙石原の秋の風物詩である“ススキ”をモチーフにしたオブジェです。 クリスタル・ガラスのススキの株数は300本。 合計30,000 粒のクリスタルの華が秋空の下で七色に輝いていました。

SORAママが一番気に入ったエリアのローズガーデンです。

名前の通りこのエリアには至る所にクリスタルローズがたくさん。

ローズも葉っぱまでもクリスタルガラスでできています♡可愛い〜とSORAちゃんも大興奮でした!

木にはガラスでできたバルーンがあったりとユーモアもたくさんなところでした。

クリスタルローズに囲まれた写真もとることができます♡

ぐるっとガラスの森美術館を1周するのに1時間くらいで回ることができます。体験工房やカフェ・レストランもあるので場合によっては数時間寄れると思います。

2020.11.1〜 世界でただひとつークリスマスイルミネーションのイベントが催されるようですのでぜひ行って見てはいかがでしょうか?

おわりに

今回デジタル箱根フリーパスを利用してとてもお得に箱根旅行をすることができました。

Go to トラベルが2021.01.31に終わってしまいますが関東県内の方は箱根にふらっと行きやすいなと思いました。

SORAママ

コメント

タイトルとURLをコピーしました