日本最古の公園飛鳥山公園 / 東京都北区 / 遊具紹介

お出かけ

飛鳥山公園は東京都北区にあるJR王子駅に隣接する人気の公園です。

日本で最初に認定された公園

江戸幕府第8代将軍、徳川吉宗が約300年前、享保の改革の施策のひとつとして、江戸っ子たちの行楽の地とするため、飛鳥山を桜の名所にしたのです。

庶民が安心して花見を楽しむことができるように整備したことが始まりとされており、今でも都内有数の桜の名所として知られています。

公園の名前にもなっている飛鳥山は都内で最も標高の低い山とされています。

明治6年、太政官布達によって、上野・芝・浅草・深川とともに日本最初の公園に指定されました。

無料モノレールもあります

モノレール【あすかパークレール】は、飛鳥山公園の公園入り口から飛鳥山山頂間に設置した無料の昇降設備です。

乗車時間はたったの2分間。小さいお子様や高齢者・障害者にはとてもやさしいですね。

運転時間午前10時から午後4時まで(強風等悪天候の場合は、運転を中止することがあります。)
料金無料
運休日12月29日から1月3日まで
点検日毎月第一木曜日(4月のみ第三木曜日)午前10時から正午まで運行停止7月第一木曜日は年次点検のため終日運行停止となります。
乗降場「飛鳥山公園入口」「飛鳥山山頂」の2か所

アクセス

114-0002 東京都北区王子1-1-3

JR京浜東北線王子駅中央口か南口下車すぐ

都電荒川線飛鳥山下車すぐ

北区コミュニティバス【Kバス】王子・駒込ルート[8][20]飛鳥山公園下車すぐ

 児童エリアには遊具がたくさん

飛鳥山公園のど真ん中【遊具エリア】にはたくさんの遊具があります。

1歳児も遊ぶことが出来る低めのすべり台

幼児向けの小さい砂場

とてつもなくおおきいお城のすべり台

ぞうさんのすべり台

お船

ジャングルジム

回転式遊具←使用禁止になっていました

幼児用半円形のうんてい

幼児用ブランコ

ブランコ

砂場

おうち型のベンチ

蒸気機関車D51

昔の都電

コンクリートのテトラポットみたいなもの

飛鳥山3つの博物館

飛鳥山公園の敷地内には3つの博物館があります。

渋沢史料館・旧渋沢庭園

旧渋沢庭園内の晩香廬と青淵文庫は、渋沢氏の接客施設と書庫のことです。国の指定重要文化財です。

昔、この場所に実業家渋沢栄一の家がありました。
現在は氏の資料を展示する博物館になっています。

紙の博物館

1998年に建てられた世界でもトップクラスの紙の博物館。
紙の歴史や紙製の美術・工芸品があり、紙漉き体験もできます。
椅子まで紙製という徹底ぶり。

北区飛鳥山博物館

北区の自然や歴史、郷土資料を展示する博物館です。
本やビデオでさ北区のまざまな情報にアクセスできます。
北区ゆかりの美術品や工芸品が展示されています。

「3館共通券」もあります。
有効期間=3カ月です。
・一般=720円
・小中高=240円

赤ちゃん連れにも優しい

飛鳥山博物館2階に授乳室があります。3人掛けソファーのみでミルク用のお湯はありません。

オムツ交換台は公園内のトイレ、 飛鳥山博物館2階 にあります。

旧渋沢庭園入り口付近のトイレ
おむつ交換台のあるトイレ

おわりに

2020年はコロナウイルスの影響でお花見自粛となったりで綺麗な桜もとてももったいない気持ちになりますが、来年はお花見に行けたらと思います。

遊具がたくさんあり、子供も思う存分遊べる公園です。週末はとても混雑していますがまた行きたいと思える公園でした。

SORAママ

コメント

タイトルとURLをコピーしました